巨人・吉川が5月の「スカパー!サヨナラ賞」受賞 「またいい場面で打って選んでもらえるように」

[ 2024年6月13日 13:24 ]

<巨・ソ>12回、吉川はサヨナラ打を放ち阿部監督と喜び合う(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人の吉川尚輝内野手(29)が5月度の「スカパー!サヨナラ賞」を受賞した。

 5月29日のソフトバンク戦、0―0の12回1死二塁で右翼フェンス直撃のサヨナラ二塁打で試合を決めた。授賞式では「選んでいただいたことを凄く光栄に思いますし、またいい場面で打って選んでもらえるように頑張りたい」と笑顔。4月28日から3番に固定されると、5月は2度のサヨナラ打を放つなど、勝負強さを見せる29歳。「僕はホームランをばんばん打てるタイプでもないですし、後ろにいいバッターがたくさんいるので、つないでなんとかホームベースに還ってこれるように、そこは意識してます」と話した。

 吉川は20年9月以来2度目の受賞。トロフィーと賞金30万円が贈られる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月13日のニュース