佐々木麟太郎の中学時代の恩師で大谷の父・徹氏「持っている。素晴らしい」 近くの息子にサポート期待

[ 2024年6月13日 02:30 ]

MLBドラフトリーグ   トレントン11―1フレデリック ( 2024年6月11日    フレデリック )

大谷の父・徹氏
Photo By スポニチ

 花巻東(岩手)から名門スタンフォード大に進学する佐々木麟太郎内野手(19)が11日(日本時間12日)、メジャーを目指す有望株も出場するMLBドラフトリーグで米国デビュー。トレントン・サンダーの「4番・一塁」で出場し、一発を含む2安打3打点と活躍した。高校の先輩であるドジャース・大谷の父で中学時代に所属した金ケ崎リトルシニアの監督を務める徹氏(62)が祝福し、今後へのエールも送った。

 麟太郎が本塁打を打った、と朝からメールがたくさん来て、テレビのニュースで映像も見ました。メジャーのドラフト候補生が集まる試合に初出場し、いきなり右翼に初本塁打ですか。“持っている”と思います。DHではなく「4番・一塁」で本塁打だけでなくタイムリー安打も打って。素晴らしいですね。

 体にフィットしているユニホームを着用しているからかもしれませんが、体が締まったように見えました。今日の結果はとてもうれしいですが、監督さん(花巻東の佐々木洋監督)は、もっとうれしいでしょうね。

 3月に渡米する前に本人と話をする機会があり、“頑張ってね”と伝えました。私が麟太郎を指導していたのは中学時代なので、コメントを聞いていると、立派になったな、とびっくりします。

 今は日米のドラフト会議を見据えたり、大学の勉強があったり、いろいろな選択肢を持っていると思います。米国は言葉、文化、コミュニケーションが日本と大きく違うので、大丈夫だろうか、大変ではないだろうか、と心配しています。翔平(息子の大谷が所属するドジャースの本拠地・ロサンゼルス)と(佐々木が進学するスタンフォード大が)そんなに距離が離れているわけではありません。麟太郎のためにできることがあれば、翔平が助けてあげられればいいと思っています。

 これから勉強も野球も大変だと思いますが、頑張ってほしいですね。応援しています。(金ケ崎リトルシニア監督)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月13日のニュース