巨人・萩尾 魂のダイビングキャッチ!美守で球場沸かせる 昇格し即「8番・左翼」起用に応えた

[ 2024年6月13日 19:43 ]

交流戦   巨人ー楽天 ( 2024年6月13日    楽天モバイル )

<楽・巨>5回、萩尾は小深田の飛球を好捕する(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人の萩尾匡也外野手(23)が13日の楽天戦(楽天モバイル)で好守を見せ、球場を沸かせた。

 この日昇格し、即「8番・左翼」で先発出場した萩尾は、0ー1で迎えた5回、先頭の小深田が放った中堅寄りの大きな飛球を帽子を飛ばしながらダイビングキャッチ。一度はグラブからボールがこぼれそうになったが、再びキャッチし直してアウト。球場の歓声を浴び、帽子を振って応えた。

 バットでも第1打席では右前二塁打、第2打席では三塁内野安打とここまでマルチと、スタメン起用に応える活躍を見せている。

 ネット上でも「萩尾の執念に応えろ」「凄いプレーだ」「マルチにスーパープレーと頼もしい」「超ファインプレー」「ナイスガッツ」など称賛の声が上がっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月13日のニュース