レッドソックス3Aの上沢直之が乱調 1死しか取れずに1安打4四球3失点で3敗目

[ 2024年6月13日 11:50 ]

上沢直之(AP)
Photo By AP

 レッドソックス傘下3Aウースターの上沢直之投手(30)が12日(日本時間13日)、敵地バファロー戦の7回に3番手として登板し、1死しか取れずに3点を失い3敗目(3勝)を喫した。

 チームが2-2の同点に追いついた直後にマウンドへ上がった上沢だったが、この回の先頭から2者連続で四球を与えた。見逃し三振で1死を取ったものの、またも連続四球で、押し出しでの勝ち越し点を献上。さらに2点適時打を浴びて交代となった。この3失点が響き、試合は2-5で敗れた。

 上沢は5月にメジャーデビュー後、2試合に登板してマイナーへ降格。6日(同7日)のロチェスター戦では3イニングを投げてで3勝目を挙げていたが、この日の乱調で防御率は6.21となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月13日のニュース