日本ハム・伊藤大海 98球マダックス達成 球団ではダル以来の新人から4年連続完封勝利

[ 2024年6月13日 06:00 ]

交流戦   日本ハム7―0中日 ( 2024年6月12日    エスコンF )

<日・中>今季初完封勝利を挙げた伊藤(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・伊藤がわずか98球、3安打の今季初完封で5勝目を挙げ、チームの連敗を3で止めた。通算5度目の完封で、初めて100球未満での完封「マダックス」を達成し、球団ではダルビッシュ有(現パドレス)以来となる新人から4年連続の完封勝利となった。

 「最初から最後まで集中力を持って投げることができた」。今季最速151キロの直球を主体に変化球を織り交ぜ、二塁すら踏ませななかった。プロ1年目だった21年にともにプレーした中田も3打数無安打2三振に封じた。この日から配置転換でブルペンを担当した建山投手コーチも「基本の真っすぐを見直した。それが全てです」と合格点を与えた。貯金6でロッテを抜き2位に再浮上した。(清藤 駿太)

 ▽マダックス 大リーグで100球未満での完封を意味する言葉として定着した。86~08年にブレーブスなどで活躍したグレグ・マダックスの名にちなみ、マダックスは通算35完封のうち13度を100球未満で達成。抜群の制球力は「精密機械」と呼ばれ、通算355勝、サイ・ヤング賞4度、最多勝利3度、最優秀防御率4度。14年殿堂入り。今季はヤクルト・ヤフーレが4月29日の巨人戦で達成した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月13日のニュース