西武ドラ2・佐藤 初めてのブルペン投球は撮影し“研究” 卒論のテーマは自身の投球フォーム

[ 2022年1月17日 05:30 ]

西武・佐藤
Photo By スポニチ

 西武ドラフト2位の佐藤(筑波大)が18日、新人合同自主トレで初めてブルペン入りする。マウンドの硬さとNPB公式球の確認が目的で「粘土がとても硬いので球が浮かないように心掛けたい。ボールも質感を確認したい」とした。

 卒論は自身の投球フォームの変化がテーマ。投球練習も撮影予定で「目線を低くしたら肩も落ちるので(重心の)高低を調整したい」と語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月17日のニュース