「ドカベン」水島新司さん死去 高橋慶彦氏 秘蔵色紙投稿し追悼「長い間お疲れさまでした」

[ 2022年1月17日 11:35 ]

74年に広島に入団し、3度の盗塁王に輝くなど、赤ヘルの黄金期を支えた高橋慶彦氏(86年撮影)
Photo By スポニチ

 野球漫画「ドカベン」「あぶさん」「野球狂の詩」などで知られる漫画家の水島新司(みずしま・しんじ)さんが死去した。82歳。新潟市出身。

 1974年に広島に入団し、3度の盗塁王に輝くなど、赤ヘルの黄金期を支えた野球解説者の高橋慶彦氏は自身のツイッターで「漫画家の水島新司先生がお亡くなりになりました。野球漫画の巨匠、水島先生の漫画を読んで多くの野球少年が夢を抱いたと思います。長い間お疲れさまでした。本当に素晴らしい作品をありがとうございました。心より御冥福をお祈りします。 高橋慶彦」と記し、水島さんが自身のプレーを描いた色紙を投稿して追悼した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月17日のニュース