×

江夏豊さん 時空を超えた“仮想対決” 投手・江夏VS打者・大谷ならどう攻める?「狙い場所は…」

[ 2022年1月17日 22:07 ]

江夏豊氏
Photo By スポニチ

 NPB記録のシーズン401奪三振などで知られる伝説の大投手で、野球解説者の江夏豊さん(73)が16日に放送されたTBSラジオ「日本生命presents石橋貴明のGATE7」(日曜前7・00)にゲスト出演。パーソナリティーを務めるお笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(60)と野球談議に花を咲かせた。

 2人で次々と楽しいトークを展開する中で、石橋が「ピッチャー江夏豊だったらバッター大谷、初球なにから入ります?」と“二刀流”大谷翔平投手(27=エンゼルス)との“仮想対決”について投げかけた。

 すると、江夏さんは「大谷くんのスタイル見ていて、やっぱり攻めるところは内側になるんじゃないですかね。高めか低めかは別にして」とコメント。「インコースでしょうね」と言葉を重ねた。

 「外はやっぱり、身長もある。腕も長いから。ストライクゾーンだったらいいところに届くんじゃないですかね」とアウトコースには注意信号。「僕が王さんに投げた時と同じで、膝もしくはグリップ。狙い場所は。一番投げやすいところはね」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月17日のニュース