×

DeNAドラ2・徳山 立ち投げで約30球 三浦監督「切れのある球を投げていた」と高評価

[ 2022年1月17日 05:30 ]

ブルペン入りしたDeNA徳山(手前)と三浦(右)(球団提供)
Photo By 提供写真

 DeNAドラフト2位の徳山(早大)もカーブを含め立ち投げで約30球。最速152キロ右腕は「久しぶりに傾斜を使っての投球だけど、バランスといい回転の球を投げることを意識した」と話した。

 大阪桐蔭、早大とアマ球界の王道を歩んできたとあり三浦監督、斎藤コーチの視察も「見られているな」と思った程度。指揮官は「徳山は切れのある球を投げていた」と高評価した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月17日のニュース