×

巨人ドラ4・石田 途中までトップも悔し2位「負けちゃいました…」

[ 2022年1月17日 05:30 ]

1500メートル走で力走する鈴木大(左)と石田(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 昨春のセンバツV腕で巨人ドラフト4位の石田(東海大相模)が、1500メートル走で5分13秒をマークし2位に入った。

 途中までトップだったが鈴木大に抜かれ「ついていこうと思ったんですけど、上がらなくて、負けちゃいました」と悔しそう。中学時代は真岡ボーイズでプレーする傍ら、陸上部に所属。当時は4分36秒で走ったこともあり「思ったよりも走れました」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月17日のニュース