阪神7位の中川「将来は侍ジャパンにも」 梅ちゃんら先輩捕手に弟子入り志願

[ 2021年10月12日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

阪神から7位指名されミットを手にポーズを決める京都国際・中川
Photo By スポニチ

 阪神7位指名に中川勇斗捕手(17=京都国際)は「良かったというか、その一言に尽きます。いいチームから指名してもらえました」と胸をなで下ろした。同時に先輩捕手へ弟子入りをさっそく志願した。

 「タイガースは梅野選手、坂本選手をはじめ素晴らしい捕手がたくさんいるので、技術面も心構えもすべて学んでいきたい」

 今夏の甲子園では初出場で4強入りの原動力に。二塁送球1秒9を切る鉄砲肩に加え、聖地では2試合連続弾を放つなど大活躍を演じて評価を上げた。聖地との相性は抜群で「黒土で、きれいでいい球場」と好印象を抱いている。卓越した技術を持つ梅野や坂本から見て、聞いて盗むことで、一流選手への階段を上っていくつもり。「いろいろな人に憧れられる選手になりたい。将来的には侍ジャパンにも選ばれたい」と夢を描いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月12日のニュース