オリ2位の野口 球団との縁に感激 オリックスジュニア時代のコーチ乾氏が担当スカウト「恩を感じている」

[ 2021年10月12日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

オリックスから2位指名を受けた関大・野口智哉
Photo By スポニチ

 オリックス2位の野口智哉内野手(22=関大)にとって、球団との縁を感じずにはいられない2位指名だった。「すごく高い評価をいただいた。小学生の頃、当時オリックスジュニアでコーチを務めていた乾さんが担当スカウトということに恩を感じています」。2年時から正遊撃手に定着すると、4季連続で打率3割超えを達成。今春までに3度のベストナインに選ばれた。

 10日に関西学生リーグで優勝を決め、その翌日にはプロへの道が開いた。「2日続けて最高の日となった。人生の中でも印象深い日になる」。この日の京大戦でも通算4号となる右越えソロ。目標とする選手を問われると「吉田正尚選手のように毎年、打点と打率を稼げるような選手になりたい」と話した。首位を快走するオリックス。「若い選手が多い。同世代に負けたくない」と気合を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月12日のニュース