DeNA4位・三浦 同姓の指揮官に「勝手に親近感」いずれは「自分もリーゼントを」

[ 2021年10月12日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

オンライン会見に臨む法大・三浦
Photo By スポニチ

 DeNAに4位指名された法大の三浦銀二は、最速150キロ右腕は「開幕から先発ローテーション入りを目指して、1軍で投げられるように頑張っていきたい」と力を込めた。

 福岡大大濠時代は高校日本代表に選出。法大では主将を務め、今春は慶大との開幕戦で史上3人目となる「ノーヒットワンラン」を達成した。同姓の三浦監督の印象を問われると「同じ名字で勝手に親近感が湧いている。イメージはリーゼントヘア。いずれは自分もリーゼントをしてみたい」と笑顔で語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月12日のニュース