2022年のドラフト候補 日体大の二刀流・矢沢、早大の強打者・蛭間らに注目

[ 2021年10月12日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

早大・蛭間
Photo By スポニチ

 来年のドラフトの目玉には、日体大の二刀流・矢沢が挙がる。首都大学リーグ戦では「4番・投手」で出場する150キロ左腕。パワフルな打撃に加え、俊足も持ち味。大谷(エンゼルス)のように、プロでも二刀流継続の可能性がある。

 その他、大学生では専大・菊地、立大・荘司、上武大・加藤、沖縄大・仲地ら伸びしろが期待できる右投手がそろう。野手では早大・蛭間が筆頭。1年春からリーグ戦に出場し、現在10本塁打をマークする強打の左打ちの外野手だ。

 高校生では今夏甲子園で活躍した近江・山田、京都国際・森下は1年でどこまで成長を見せるか。社会人ではHonda・片山、東芝・藤村、ENEOS・加藤ら左腕に注目だ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月12日のニュース