日本ハム7位・大阪桐蔭の松浦 いとこの最速160キロのソフトB・古谷に「近付きたい」

[ 2021年10月12日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

オリックス5位指名の池田(左)と、日本ハム7位指名の松浦
Photo By スポニチ

 日本ハム7位指名の大阪桐蔭・松浦は旭川市育ちで旭川大雪ボーイズから全国屈指の強豪に進み、最速150キロサウスポーとして1番をつけた。チームメートの池田が先にオリックス5位で指名される中、小学校時代にジュニアチームに選ばれた地元球団から7位指名されると「ホッとした」とうれし泣きをした。

 1メートル86、95キロで、「お尻の大きさ」が自慢。父・吉仁(よしと)さん(49)は社会人でプレーした外野手で、日本製紙石巻で監督も務めた。生まれは宮城県石巻市。7歳で東日本大震災を経験し、友人を亡くした。「被災者として頑張りたい」。1年目からの活躍を狙っている。

 最速160キロのソフトバンク・古谷はいとこ。「凄く上の存在。ちょっとでも近付きたい」と球速アップを誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月12日のニュース