ロッテ1位は高校43発強打の捕手、市和歌山の松川「ホームラン王になりたい」

[ 2021年10月12日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

ドラフト1位指名され市和歌山ナインから祝福される小園(手前左)と松川(手前右)=撮影・後藤 大輝
Photo By スポニチ

 ロッテから1位指名を受けた市和歌山の松川は、驚きと喜びが入り交じる表情で心境を明かした。「1位で僕の名前を呼ばれると思っていなかったのでビックリした」。

 高校通算43本塁打を誇る捕手は、「ホームラン王にはなりたいなという気持ちはある」と抱負。中学から6年間ともに戦ってきた小園との対戦にも意欲を見せ、「持ち味である直球を待って、負けないように。バックスクリーンに(飛ばしたい)」と宣言した。

 井口監督は「球界を代表する捕手になれる。強肩で人間的にも素晴らしい。映像を見て、(ダイエーで)一緒にやった城島とイメージがかぶる」と期待。松川がかねて目標にしている捕手でもあり「城島さんみたいになりたいです。本当に素晴らしい選手だと思うので、見習いたい」と目を輝かせた。(須田 麻祐子)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月12日のニュース