楽天サプライズ連発ドラフト 石井GM兼監督「覚悟を決めて」 知名度より即戦力より中長期的視点

[ 2021年10月12日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

ドラフト会議に臨む楽天・石井一久監督
Photo By 代表撮影

 サプライズ指名を連発した。「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が11日、都内のホテルで行われ、楽天はドラフト1位で昌平・吉野創士外野手(17)を単独指名。「高校ビッグ3」や即戦力の大学生左腕に注目が集まる中、高校通算56本塁打の吉野を筆頭に将来性を重視した大砲候補を相次いで指名した。コロナ下の本命不在のドラフトで、石井一久GM兼監督(48)が独自色を前面に出した。

 異例の「GM兼任監督」として初めて臨んだドラフト。支配下7、育成3の計10選手の指名を終えた石井GM兼監督は、笑みを浮かべ「各球団いろんな思惑や作戦がある。いろんなことを考えないといけない中で、非常に良いドラフトになった」と総括した。

 1位は甲子園出場経験はないものの、高校通算56本塁打を誇る吉野を一本釣り。高校生外野手の1位指名はリスクがあるとして敬遠されがちだが、右打ちの外野手は最大の補強ポイントでもあり「柱になれる打者。覚悟を決めて高校生を1位で指名した」という。

 2位の安田(愛知大)も個性的だ。愛知大学リーグ2部でプレーし、顔が似ていると言われる松井秀喜氏の打撃を参考にする105キロの巨漢捕手について「飛ばす能力や広角に大きく打てる。捕手だけでなく三塁、外野も守れる」と指揮官。3位には、今春センバツに21世紀枠として初出場を果たした三島南の走攻守そろった外野手・前田を指名した。

 上位が投手に偏る傾向があった中、いかに将来有望な野手を確保するか。「各球団、投手中心のドラフトになったんじゃないかと思う。野手が少ないという部分があったので、野手と投手のバランスは非常に難しかった」。上位3人は野手で2人が高校生。他球団が想定していた順位をあえて繰り上げた狙いを「今後を担ってもらう選手のウエートが高かった」と説明した。

 「監督としてはバリバリの即戦力が10人欲しい。でも、もっと大事なのが中長期的にチームを支えられる選手が必要だ、と監督じゃない僕が判断した」

 監督よりも編成トップとしての視点を貫き、オリジナリティーを重視した指名は、入念に練り上げたプランに沿ったもの。「名前がよく分かる選手の方が想像はしやすいのかもしれない。この選手に来てほしいというのが今日のメンバー」と強調した。

 今年のドラフトの自己採点を聞かれると「じゃあ、141(イシイ)点で」と笑った。この答えは昨年と同じだ。「チームをアップグレードできるのがドラフト。一年一年の積み重ねが大事なので」。常勝軍団を目指し、中長期的なビジョンに基づいたチームづくりはこれからも続く。(重光 晋太郎)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年10月12日のニュース