オリ5位の池田 マッスル吉田正に筋トレ弟子入り志願 夢は先輩と同じ「首位打者」

[ 2021年10月12日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

大阪桐蔭の池田陵真外野手(左)はオリックスから5巡目、松浦慶斗投手は日本ハムから7巡目で指名され、学校で会見した
Photo By スポニチ

 オリックス5位の池田陵真外野手(18=大阪桐蔭)は、主砲の吉田正に筋トレ弟子入り志願をした。指名後、大阪府大東市の学校で会見し、「どういうトレーニングをしているのか、吉田選手に聞く機会があれば」と、恐縮しながら理想を口にした。

 中学3年で、両親に器具を買いそろえてもらったほど体づくりの意識は高い。トレーニング好きの父・豪さん(53)の教えを受けて高校入学前にベンチプレス100キロを挙げた。身長1メートル72ながら、左右ともに73キロの握力も手伝い、高校通算25本塁打を放った。

 球界を代表するスラッガーの吉田正は、ダンベルをモチーフとした応援グッズが販売されるほどの肉体自慢だ。チームはいま、宗、紅林ら若手が次々と育っている。夢は「首位打者」。小6の時にオリックスジュニアに在籍し、「思い入れがある球団」で、小さな大打者を目指す。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月12日のニュース