オリ3位の福永 強肩強打でアピールだ 横浜高、国学院大では主将歴任「各球団の先輩方と対戦したい」

[ 2021年10月12日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

オリックスから3位指名を受けた国学院大・福永(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 オリックス3位の福永奨捕手(22=国学院大)は自ら「肩が武器だと思っている」と語る強肩強打の捕手だ。高校(横浜)、大学で主将を任されたキャプテンシーも魅力で「各球団に先輩方がいらっしゃるので対戦したい」と意気込みを語った。

 9月27日の駒大戦では左越え2ランを放つなどパンチ力は十分。鳥山泰孝監督は「プロ野球は入るだけではダメ。打てる捕手としてチームの力になってほしい」と期待を寄せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月12日のニュース