阪神5位は青柳2世だ! 変則サイドスロー右腕の亜大・岡留「勝ちパターンに入れるよう」

[ 2021年10月12日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

阪神5位指名の亜大・岡留英貴(撮影・木村揚輔)

 変則右腕の阪神5位・岡留英貴投手(21=亜大)にとって、最高のお手本となるに違いない。くしくも、自身と同じドラフト5位。目指すべき姿は、今季、大躍進を遂げた青柳だ。

 「球の癖は違うと思うんですけど、サイドで左のインコースのスライダーやツーシームはすごい球だと思う。自分にはないのですごいなと思って見ています」

 大学に入ってからサイドスローに転向した。青柳をはじめ、同じタイプの投手の映像を見て研究を重ねる日々。変化球の精度向上が主目的で、その青柳からは「ツーシームやチェンジアップなど、空振りが取れる球について聞いてみたい」と早くも意欲を見せる。

 尊敬する先輩右腕は先発を任されているが、球団が自身に期待する役割は即戦力のリリーフ。もちろん、望むところだ。

 「真っすぐの強さと球のキレは日頃から意識している。自分でもこだわっているところ。優勝のために勝ちパターンに入れるようにやっていきたい」

 亜大の4学年先輩にあたる高橋は同じ11月7日生まれ。入れ違いとはいえ、入学する際に言葉を交わしたことがあるという。「活躍されていてすごい」。球団による沖縄出身選手の指名は06年大学生・社会人ドラフト5巡目の大城(TDK千曲川)以来。虎の島人(しまんちゅ)は最速150キロの直球を武器にプロの世界で輝く。(長谷川 凡記)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月12日のニュース