中日3位の石森「中継ぎのタイトルを獲るつもり」 155キロ左腕、目標は大台の160キロ!

[ 2021年10月12日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

ドラフト<中日3巡目>中日からの指名が決まり、馬原監督兼GM補佐と握手する石森大誠(右)(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 中日から3位指名を受けた石森大誠投手(23=火の国サラマンダーズ)は、「中日はピッチャーのいいチーム。同じ左の大野さん、同い年の小笠原投手らに追いつき即戦力として活躍したい」と意気込んだ。

 東北公益文科大4年だった2年前はドラフト指名にもれ「まだあきらめない」と社会人・熊本ゴールデンラークスに入社。同チームを母体に今季発足した火の国サラマンダーズでは救援として活躍。36試合に登板し19セーブ(2勝1敗)を挙げた。

 155キロ左腕は「自分ではもっと上の順位と思っていた」と負けん気も旺盛で、プロでは球速160キロの大台が目標。「自分が一番だという自信を持って中継ぎのタイトルを獲るつもりでやっていきたい」と夢を広げた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月12日のニュース