ソフトB5位・大竹 大学リーグ戦登板わずか2試合の“隠し玉”指名に「嘘みたい」 目指す千賀2世

[ 2021年10月12日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

ソフトバンクから5位指名されポーズする東北福祉大・大竹(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク5位の大竹風雅投手(22=東北福祉大)は「嘘みたい。率直にうれしいです」と話した。右肘故障の影響でリーグ戦の登板は4年間で2試合のみ。1年秋と2年春に1イニングずつで「手応えはあまりなかった」と本音が漏れた。

 持ち味は最速148キロの直球とフォークのコンビネーションで「千賀さんのフォークを参考にしてアレンジを加えた。話を聞いてみたい」。今も実戦から離れて体づくりに専念しており「千賀2世」を目指して万全の状態でプロの世界に飛び込む。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月12日のニュース