ジャイアンツが王手 わずか3安打でドジャースに競り勝って2勝目 

[ 2021年10月12日 14:14 ]

ナ・リーグ 地区シリーズ   ジャイアンツ1―0ドジャース ( 2021年10月11日    ロサンゼルス )

5回にシャーザーから本塁打を放ったジャイアンツのロンゴリア(AP)
Photo By AP

 ともに今季100勝以上をマークしたチーム同士による地区シリーズは11日にドジャースで第3戦を行い、西地区1位のジャイアンツ(107勝55敗)で同2位のドジャース(106勝56敗)を1―0で下して2勝1敗。5季ぶりとなるリーグ優勝決定シリーズ進出に王手をかけた。

 ジャイアンツは5回、レギュラーシーズン終盤から23打席連続でノーヒットに終わっていたエバン・ロンゴリア(36)が、ドジャースの先発マックス・シャーザー(37)から左中間にソロ本塁打。打線はわずか3安打しか記録できなかったが、この1点を4投手のリレーで守り切って勝利をものにした。

 110球を投げたシャーザーは7回を3安打、1失点で10奪三振と好投。しかし頼みの打線が沈黙して接戦をものにできなかった。ドジャースは今季ナ・リーグ最多の830得点と同3位の237本塁打を記録していたが、このシリーズでは第1戦(0―4)に続いて無得点。「七番・一塁」で先発したアルバート・プホルス(41)が5回で交代するまで2打数2安打と気を吐いたが、昨季の王者は打線がまったく機能しないままに崖っ縁に追い込まれた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月12日のニュース