「困ったときには森木に任せる、そういうピッチャーに」 阪神・矢野監督のドラフト総括語録

[ 2021年10月12日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

<プロ野球ドラフト会議2021)ドラフト会議に臨む阪神・矢野燿大監督(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 【阪神・矢野監督 ドラフト総括語録】

 ▼ドラフト総括 いいドラフトができたなと思っている。

 ▼森木が残っていた 1回目の入札で確実に名前が挙がっていると思っていたからね。小園くんを引き当てるというか、それができれば良かったんだけどね。でも、結果的に小園くんに近い評価をしていた森木くんを獲れたというのは、本当にラッキーだった。ドラフトは本当に縁なんでね。森木くんとは縁があったんだなと思う。

 ▼森木の印象 強いというかね。何かそういうものは感じるよね。体の強さとか、球の強さとかさ、気持ちも含めて、何か芯の強いピッチャーというか。もちろん球界を代表するような能力というのは持っているピッチャーだと思うし、「森木に任せていたら安心やな」というようなね。そんな強さを持ったような。「困ったときには森木に任せる」というような。安心感とかそういう強さとか、そういうものを持たせるようなピッチャーになってもらえたらなと思う。もちろん、それになれる素材だと評価しているけどね。

 ▼2位では鈴木を指名 左はうちの補強ポイントになっていたからね。左の大学、社会人で一番いいというのが、その順位(2位)の鈴木だったんでね。ピッチング自体も緩急も、結構カーブ系も使えるピッチャー。体の大きさ的にはそんなに大きくはないんだけど、真っすぐのキレとか質もしっかりあるピッチャー。ピッチング自体をしっかりできる能力は高いのかなと。

 ▼3位の桐敷 三振が結構取れるイメージ。真っすぐの強さと、ちょっと落ちる系かな、そういうのが結構良いようなイメージがある。うちのピッチャー陣に入って行っても勝負できるようなね。

 ▼4位の前川 前川もすごい欲しくてね。「もしかして残っていないかな」と思いながらね。やっぱりあれだけ強く振れるっていうこと。左ピッチャーも気にしないで振れるとていうのは、金属から切り替わってもいけるんじゃないかなと思う。コンパクトというか大きく振ってないんだよね。でも力強い。そういうところで将来中心を打ってくれるようなね。勝手な印象だけど、根性ありそうでね。そこも含めて雰囲気がすごくあるなと言う印象だよね。

 ▼5位の岡留 変則だけど球も強い。スリークオーター、サイド気味だけどパワー系のピッチャー。パワー系のピッチャーだけど変化球もしっかり投げているイメージがある。だから、その順位で本当に残っているというのはね。もうちょっと上の評価をしていたんでね。

 ▼6位の豊田 右の中で総合力が高い。逆方向にもしっかり振っている感じもある。トータルで見て勝負できるんじゃないかという評価をしていた。右の野手というのはどこも貴重。現状、右(の長距離砲)で言えば暖(小野寺)とか陽川とか、そういうあたりにも入っていけるという評価をスカウトの人がしていた。

 ▼7位の中川 バッティングというのはもちろんこれから大事になるけどね。肩の強さとか、キャッチャーとしてのね。キャッチャーってすぐ育つわけじゃないけど、そういうものを年間積み重ねていったら面白い存在になれる素材。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年10月12日のニュース