阪神・スアレス 再びの「回またぎ」で40セーブ到達「全部勝てるように準備したい」

[ 2021年10月12日 22:43 ]

セ・リーグ   阪神2ー1巨人 ( 2021年10月12日    東京D )

<巨・神(23)> 40セーブ目を挙げた阪神・スアレスは笑顔でファンの声援に応える (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 またも、8回のマウンドに守護神が降り立った。1点リードながら岩崎が2死満塁とピンチを背負ったところで、阪神ベンチは守護神・スアレスへ継投。9日ヤクルト戦に続く「回またぎ」の救援で、ウィーラーを遊ゴロに仕留めて拳を握りしめると、9回も3者凡退に仕留めて今季40セーブ目を挙げた。

 「しっかり準備するだけだと思っていますし、セーブ機会をものにするのはもちろん、監督に言われたところでしっかりと自分が力を発揮出来るように。まだ試合が残っているので、全部勝てるように準備したいなと思います」

 敵地でのヒーローインタビューで頼もしく語った助っ人右腕に、矢野監督も「今のうちの状況ではもう、行ってもらうしかないというような状況なのでね。岩崎もスアちゃんも体も疲れているんですけど、本当に最後の力を振り絞って頑張ってくれている」と手放しで称賛していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月12日のニュース