ソフトB3位の北海・木村 三振にこだわる150キロ左腕 まずは競争勝ち抜き「新人王」目指す

[ 2021年10月12日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

ソフトバンク3指名の木村大成は目標を書いた色紙を持ってガッツポーズ(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクから3位指名を受けた北海・木村大成投手(18)がホッとしたのは一瞬だった。「競争が激しいチームなので自分で考えないと抜かされていく。体づくりから磨いていかないと」と表情を引き締めた。

 小学校低学年の頃からプロ野球選手になった時に使うサインを決めていた。念願の舞台で思い描くのは息の長い活躍だ。憧れの選手は楽天の松井。1位指名の風間との共闘にも「いろいろ聞いて、一緒に練習して成長したい」と意欲を示した。

 最速150キロの直球と切れ味鋭いスライダーを武器に、今夏は47回で61三振を奪った。「三振を多く取るのがアピールポイント」とプロでも三振にこだわる。「3年か4年で1軍に定着したい」と成長曲線を描き、色紙には「新人王」と書き込んだ。「高校では実現できなかった日の丸を背負ってみたい」とさらに夢は広がる。

 1週間前、北広島市の自宅から徒歩10分の距離にある23年開業予定の日本ハムの新球場建設現場に足を運んだ。「一回り成長した姿を見せたい」と凱旋登板を楽しみに、プロの世界に飛び込む。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月12日のニュース