阪神3位の桐敷 目指すは「沢村賞」 ライバルに遅れた「悔しさ」マウンドで晴らす

[ 2021年10月12日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2021年10月11日 )

阪神から3位で指名を受け笑顔を見せる新潟医療福祉大の桐敷(撮影・棚橋孝太)
Photo By スポニチ

 悔しさはマウンドで晴らす。阪神3位・桐敷拓馬投手(22=新潟医療福祉大)は名前が呼ばれると安堵(あんど)の表情を浮かべたが、すぐに引き締めた。

 「同じ左投手が(先に)数多く指名されていた。複雑というか、悔しい気持ちだった」

 完成度の高い150キロ左腕は上位候補と目されていたが、西日本工大の隅田、法大・山下、関学大・黒原が1位指名され創価大の鈴木が同じ阪神に先に名前を呼ばれるなどライバルに後れを取った。

 埼玉・本庄東時代は無名の存在だったが、大学進学後に才能が開花。2年秋の平成国際大戦では延長10回参考記録ながらリーグ最多に並ぶ18奪三振。今春に球速も大台に達するなど上昇曲線を描く。

 阪神の印象を「黄色い大観衆と甲子園球場。歴史のある球団」と話し「投手といったら沢村賞。獲れるような投手になりたい」と大目標を掲げた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月12日のニュース