「先発6番手」が見つからない…広島・スコット4失点降板 佐々岡監督「まだまだ1軍の器ではない」

[ 2021年8月1日 05:30 ]

エキシビションマッチ   広島1ー8ロッテ ( 2021年7月31日    マツダ )

<広・ロ>7回に2失点しベンチに戻るスコット(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島の先発6番手は白紙となった。6回から登板したスコットが山口に被弾するなど4失点で右脇腹を痛め9回1死で降板。佐々岡監督は「まだまだ1軍の器ではない」と試合後に降格を明言した。矢崎、高橋昂と合わせ3人で残り1枠を争うはずが、全員が1度の登板で2軍に逆戻りし候補者を一から選びなおすことになった。打線も11安打で1得点。「選手の気持ちの問題もある。しっかりやらせないといけない」と打撃面でも前半戦の課題を解消できず、頭を抱えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月1日のニュース