西武・辻監督がエキシビ5連敗のチームを一喝「気合を入れていかんと」 若手野手陣に不満タラタラ

[ 2021年8月1日 21:26 ]

エキシビションマッチ   西武0ー3阪神 ( 2021年8月1日    甲子園 )

西武の辻監督
Photo By スポニチ

 西武は散発4安打で零敗を喫し、エキシビションマッチ5連敗となった。試合後に取材に応じた辻発彦監督(62)は「全戦全敗だよ。選手には後半戦は始まっている。そういう気持ちでやらないと、という話をしている。調整ではない。気合を入れていかないと。借金もまだいっぱいあるし、ウチはそんな余裕ないんだから」と語気を強めた。

 指揮官が気を揉んでいるのは、アピールが必要な若手野手陣。「課題としているものが見えてこない。ネンティンもパッとしないし。(7月26日に再来日し、隔離期間中の)スパンジーも遅れるわけだから、目の色を変えてくれないと。(2軍選手との)入れ替えも考えないといけない」と続けた。

 チームは前半戦を終え、借金5。首位・オリックスから6・5ゲーム離された5位と低迷中だ。巻き返しへ向け、指揮官の喝はナインへと届くのだろうか。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月1日のニュース