米国 連勝でB組1位突破 先発のソフトB・マルティネス5回9K

[ 2021年8月1日 05:30 ]

東京五輪第9日 野球1次リーグB組   米国4―2韓国 ( 2021年7月31日    横浜 )

4回に2ランを放った米国のカサス(AP)
Photo By AP

 米国が連勝で1位突破を決めた。1点を追う4回、レッドソックスの18年ドラフト1巡目で、将来の主軸候補の4番・カサスが右越え逆転2ラン。5回はオースティンの適時打などで2得点し流れをつかんだ。

 先発したソフトバンクのマルティネスは5回4安打1失点9奪三振で「初回に失点したが、ゲームプラン通りに投げられた」と満足げ。マイク・ソーシア監督は「カサスの2ランが大きかった。日本はいいチームだ。ベストを尽くすことに注力する」と2日の準々決勝に目を向けた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月1日のニュース