巨人・今村は4回途中4失点 宮本コーチ「またリリーフに」 次のSB戦から高梨ら1軍救援陣合流

[ 2021年8月1日 18:32 ]

エキシビションマッチ   巨人7ー11オリックス ( 2021年8月1日    京セラD )

<エキシビションマッチ オ・巨>2回1死、モヤに同点の本塁打を打たれる巨人・今村(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 先発した巨人・今村信貴投手(27)は4回途中4失点で降板。久しぶりの先発マウンドだったが「ふがいないです。与えられたところでしっかり頑張ります」と話した。

 宮本投手チーフコーチは左腕について「ここでまたいったんリリーフに戻ってもらおうと思います」と語り、3日からのソフトバンクとのエキシビションマッチ(ペイペイD)には帯同させず、8日からの日本ハム2連戦(函館)から中継ぎとして再合流させる考えを示した。

 宮本コーチは4回無死満塁から2番手で登板し、7失点した高卒3年目の沼田についても「いいところには投げているんだけど、うまく打たれるというのはそれなりのキレがないんだろうね」と振り返り、ファームでの調整を明言。ソフトバンク戦からビエイラ、デラロサ、高梨、大江と1軍の救援陣が合流することも明かした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月1日のニュース