つば九郎「しーずんちゅうより!?しゅうちゅうりょくでてますね」 侍ジャパンで大活躍、山田をチクリ

[ 2021年8月1日 14:05 ]

ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」
Photo By スポニチ

 ヤクルトの人気球団マスコット「つば九郎」が7月31日夜、自身のブログを更新。同日行われた東京五輪野球1次リーグA組第2戦・メキシコ戦(横浜)で1号3ランを含む2安打4打点1四球2盗塁と大活躍したヤクルトのキャプテン、山田哲人内野手(29)に対してツンデレエールを送った。

 「いろいろあるね~。」のタイトルで何とか31日のうちにブログを更新したつば九郎は「いやぁー、てれびづかれです。あさからさきほどまで。きょうが、うまれてきて、いちばんりもこんのぼたんおしたとおもう」とステイホームで東京五輪各競技を連日見まくっている日常をまずは報告した。

 そして、「まずはきょうも、うちのわかいふたりにごせいえんありがとうございます」と「1番・DH」でフル出場した山田と「8番・三塁」でフル出場した村上宗隆内野手(21)のヤクルト勢2選手に触れると「『1』はしーずんちゅうより!?しゅうちゅうりょくでてますね」と仲良しならではの“上から目線”でチクり。さらに「『55』は、かれいにごろをさばいてましたね。ひっともあったしぃ~」と4打数1安打だった村上についても満足げにつづった。

 「うちのとくちょうとして、みんなにのせられやすいので、うまーくのせてあげてください」と、つば九郎。「まくがふもね」と2日の準々決勝で侍ジャパンと対戦する米国代表のスコット・マクガフ投手(31)についても応援をお願いしていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月1日のニュース