3戦連発の阪神・佐藤輝 まだまだ進化「すごくいい方向にいっている」新フォームに大きな手応え

[ 2021年8月1日 05:30 ]

エキシビションマッチ   阪神6ー3西武 ( 2021年7月31日    甲子園 )

<神・西>2回、佐藤輝が中越えに3ランを放つ(投手・高橋)(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 阪神・佐藤輝が止まらない。オープン戦以来、自身2度目の3試合連続本塁打で、エキシビションマッチ5戦5発と量産態勢に入った。

 「(バットの)芯だった。しかもセンターに打ち返せたのですごくよかった」

 2回1死一、二塁で高橋の低めフォークを捉えた打球速度171キロのライナーが瞬時にバックスクリーンに到達。相手右腕の高橋からはオープン戦と交流戦を合わせ3試合で4本目。「たまたまですね」と謙そんしたが、浮かべた笑みが相性の良さを物語っている。

 初回2死の1打席目は2球で追い込まれながら四球を選んだ。「前よりも球を引きつけて見られるようになっていると思うし、すごくいい方向にいっているんじゃないかなと」と中断期間で取り組む新フォームに大きな手応えを得ている。大器の進化が止まらない。(阪井 日向)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月1日のニュース