メキシコ 8人継投も力負け…元オリ・メネセス3安打3打点

[ 2021年8月1日 05:30 ]

東京五輪第9日 野球1次リーグA組   メキシコ 4―7日本 ( 2021年7月31日    横浜 )

<メキシコ・日本>タイムリーを放ったメキシコのメネセス(AP)
Photo By AP

 メキシコは元オリックスのメネセスが3安打3打点と活躍し、投手陣は小刻みな8人継投で対抗したが、力負けした。

 ベンジャミン・ヒル監督は先発の森下について「制球力が良かった。内角、外角、カーブ、チェンジアップを投げ分けられた。素晴らしい将来性がある」と評価。チームはA組3位となり、決勝トーナメントはB組3位のイスラエルと対戦する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月1日のニュース