巨人・菅野 今季初実戦でプレート移動の成果!2回零封 左斬り2K

[ 2021年2月28日 05:30 ]

練習試合   巨人5―1広島 ( 2021年2月27日    沖縄セルラー )

<巨・広>一塁側にプレートを踏んで投げる菅野(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 大きな変化を生み出した。巨人・菅野が、今季初実戦となる練習試合・広島戦に先発。昨季、三塁側を踏んでいた軸足を一塁側に変更した。2回2安打無失点。横幅61センチのプレートの中で約30センチほど変わった立ち位置から、新スタイルへの変貌を披露した。

 「今年9年目。バッターの目線も慣れてきているので、変化を加えないといけない。2回しか投げていないので何とも言えないが、打者の反応がいいんじゃないですかね」

 研究してくる相手を上回るため、今キャンプから軸足の位置を変更した。一塁側にする利点。効果が表れたのはまず、左打者へのフォークボールだった。左打者に対し、外角へ逃げる球の有効性が高まった。初回先頭の田中広、2回2死一塁の大盛の両左打者に対し、外角低めのフォークを決め球に、いずれも空振り三振。外側へ逃げながら落ちる変化だった。逆に左打者の内角について原監督は「左バッターは近く感じる」と分析。昨年、菅野は対右打者の被打率・177に対し、左打者は・213。わずかに数字の高い左対策へ、光が見えた。

 右打者への利点もある。シュートが武器の同僚・大竹から教わったツーシームが効果的だった。昨年よりも、内角へ食い込む角度が増した。初回、新外国人・クロンから内角のツーシームで空振りを奪い追い込んだ。「(内角球の)回転効率が上がっていると思うので、伸びるような球筋になる時もある。実戦により近い球になっていけばいい」。最後は外角のスライダーで空振り三振。軸足の変化の効果は絶大だった。

 原監督は「フェアな(正統派な)ピッチャー。“あれっ”と思わせるのは勝負師として大事」と評価。開幕については「この1日、2日は考える。いなかった(はずの)人が帰ってきたものだから」と含みを持たせたが、4年連続大役最有力なのは明白だ。

 グラブは昨季の黒から青にして心機一転。「開幕投げるか分からないですけど、体の状態を万全な状態に」。3・26開幕へ、盤石の一歩を踏み出した。(田中 健人)

 ≪桑田Cも太鼓判 カーブにも好感触≫菅野はカーブにも好感触を得た。キャンプ序盤から縦の変化を意識し、ブルペンでカーブを多投してきた。この日は2球投げ「軸になり得るボールかなという手応えもある。やってきたことがいい形で出ている」とうなずく。降板後にはともに精度向上に取り組んできた桑田投手チーフコーチ補佐と話し「“カーブいいね”と褒めてもらった。意見交換しながらやっていけたらいい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース