巨人・ウィーラー 「4番・左翼」で先発、2打席連続適時打

[ 2021年2月28日 05:30 ]

練習試合   巨人5―1広島 ( 2021年2月27日    沖縄セルラー )

<巨・広>初回、先制の左前適時打を放つウィーラー(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 「4番・左翼」で先発出場した巨人のウィーラーが、2打席連続適時打を放った。

 初回2死二塁、広島先発の九里から先制の左前打を放つと、3回2死三塁からは左翼フェンス直撃の適時二塁打。2安打2打点に「ボールがしっかり見えている。開幕に向けて毎日、良い準備をしようと思っていて、今のところそれができている」と手応えを口にした。

 ▼巨人・北村(7回1死満塁で中前へ2点適時打)何とか1点という考えで打席に入ったので、その中で良いバッティングができたかなと思います。

 ▼巨人・松原(バント安打含む内野安打2本)生き残るためには、どんな形でも出塁しないといけない。自分の長所を生かしてアピールしたい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース