準硬式出身の西武のドラ5・大曲にプロの洗礼 1回持たず4失点

[ 2021年2月28日 14:26 ]

練習試合   西武―ロッテ ( 2021年2月28日    高知・春野 )

西武・大曲(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 準硬式野球出身の西武のドラフト5位・大曲(福岡大)がプロの洗礼を浴びた。

 26日の練習から1軍に合流。同点の6回のマウンドに上がった。いきなり初球の直球が152キロを計測も、安打に連続四死球で満塁。ここで岡に右中間への2点二塁打を許した。

 その後も制球が定まらず、わずか1/3回で降板。打者8人に3安打4四死球で4失点の結果に終わり「緊張が力みにつながってしまい、ボールとストライクがはっきりしてしまった」と肩を落とした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース