阪神ドラ7高寺 2軍戦でプロ初マルチ&5試合連続安打も自己採点は「50点」

[ 2021年2月28日 05:30 ]

2軍練習試合   阪神4-1四国・香川 ( 2021年2月27日    高知・安芸 )

<阪神2軍キャンプ>プロ初マルチ安打を記録した高寺
Photo By スポニチ

 高卒新人の阪神ドラフト7位・高寺(上田西)が27日、四国・香川との練習試合(安芸)でプロ初のマルチ安打を記録した。

 「良い当たりではないので、そんなに良くはなかった。もっと良い当たりを増やしたい。(自己採点は)50点です」。6回の第1打席で二塁内野安打を放つと、7回の第2打席でも三塁を強襲した。2本の内野安打は50メートル走6秒0の俊足を最大限生かしたもの。試合後は反省の言葉を並べたが、初実戦から5試合連続安打となった。

 5回からついた遊撃守備では、9回にゴロをはじいた失策があった。「同じ失敗をしないように、次に生かしていきたい」。試合後は1学年先輩の遠藤とともに、居残り特守に励んだ。(須田 麻祐子)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース