日本ハム・清宮 “シフト”破る適時打に「うまく振れた」

[ 2021年2月28日 05:30 ]

練習試合   日本ハム3ー3DeNA ( 2021年2月27日    名護 )

<日・D>6回、中前適時打を放つ日本ハムの清宮(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 途中出場した日本ハムの清宮が、初打席となった6回に上茶谷から右前適時打を放った。「うまく振れた。とにかくやるしかない」。

 25日の紅白戦で4打数無安打2三振に終わった後で栗山監督は「20は文句言いたい」と苦言。この日は二塁手と遊撃手が一塁側に寄って守る「清宮シフト」を破ったが、指揮官は「(定位置なら)二ゴロじゃないか。もっと期待しちゃうよね」とあえて高みを求めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース