中日・大野雄 2回3失点も「結果どうこうより勝負できた。問題ない」吉兆?昨季も初登板は3失点

[ 2021年2月28日 05:30 ]

練習試合   中日1ー8阪神 ※特別ルール ( 2021年2月27日    沖縄・北谷 )

<練習試合 中・神>実戦初登板はで2回3失点に終わった大野雄(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 吉兆スタートだ。実戦初登板となった中日・大野雄は2回4安打3失点。初回1死満塁からマルテに2点二塁打を浴びたが「内容、結果がどうのこうのより、しっかり腕を振ってストライクゾーンで勝負できた。問題ない」と不安を一掃した。

 10完投した昨季の疲労を考慮し、今キャンプは例年よりスロー調整。立ち上がりは球が上ずる場面もあったが「高めに浮くのも今の時期は仕方ない」と焦りはない。その上で、初回無死二塁から糸原を2球で追い込みながら高め直球を狙われ、右前打された場面を反省。「あそこでファウルや空振りを取る投手。投球や配球を微調整していかないと」と課題を挙げた。

 沢村賞を獲得した昨年も実戦初登板となった2月23日のDeNAとのオープン戦で、同様に3失点。「その時に比べたら、直球で押せた」と幸先良い結果にうなずいた。与田監督も「評価うんぬんの投手でない。気持ち良く投げてくれたら良し」と安どの表情。今後はイニング、球数を伸ばし開幕に向けてペースアップする。(徳原 麗奈)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース