西武・ブランドンが「ドーンと一発」 逆方向へ実戦2本目のアーチ

[ 2021年2月28日 14:21 ]

練習試合   西武―ロッテ ( 2021年2月28日    高知・春野 )

<練習試合 西・ロ>4回2死、同点右越えソロを放つブランドン(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 ドーンと一発。西武のドラフト6位・ブランドン(東農大北海道オホーツク)が実戦2本目の本塁打を放った。

 「8番・三塁」で出場し、4回の第2打席。左腕・松永の143キロの直球を逆方向の右翼スタンドに運んだ。

 「手応えは良かった。ここまで三振が多く、自分の中でもそれを吹っ切るために右方向を意識して振った」

 本名の「タイシンガー・ブランドン大河」から登録名を「ブランドン」に変更したばかり。場内アナウンスでも男性アナウンサーが「ブランドーン!」と「音引き」で紹介。その名の通りの「ドーンと一発」だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース