西武・森“威厳1号” 大阪桐蔭後輩・ロッテ藤原の前で2安打2打点

[ 2021年2月28日 05:30 ]

練習試合   西武2―3ロッテ ( 2021年2月27日    春野 )

<西・ロ>6回、右越えソロを放つ西武の森(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 後輩には負けられん!西武・森が、今年の実戦初アーチを放った。6回2死、東條の125キロのスライダーを豪快に右翼へ。有観客となったスタンドから大きな拍手を送られ「キャンプは無観客で寂しかった。拍手や後押しはうれしいし、僕自身も楽しかった。お客さんが入っているだけでモチベーションになる」と笑顔で話した。

 初回には大阪桐蔭の後輩であるロッテ・藤原が先頭打者弾。捕手としてマスク越しに快弾を見届けた森は「初球からしっかり捉えられるのは凄い。いい打者だと改めて感じた」。5学年先輩として、2安打2打点で威厳を保った。

 前日26日から、自主トレを一緒に行うなど気心知れた山川が1軍合流。普段から技術論などを戦わせており「昨日、今日とああだこうだと話ができている」。この日の試合後も2人でロングティーに汗。心強い「バディ」の存在は森にとっても大きい。「練習ではいい感じでスイングできている。あとは実戦で対応できるか」。開幕まで1カ月弱。さらにペースを上げる。(鈴木 勝巳)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース