ソフトバンク・高橋礼 浮き上がる直球武器に3回零封、「牧田カーブ」は封印 開幕2戦目へ順調

[ 2021年2月28日 05:30 ]

練習試合   ソフトバンク0―1オリックス ( 2021年2月27日    SOKKEN )

<オ・ソ>3番手で登板し3回無失点の高橋礼(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの高橋礼投手(25)が27日、オリックスとの練習試合に3番手で登板し、直球主体の投球で3回を1安打無失点に抑えた。自主トレで楽天・牧田から吸収したカーブを封印し、浮き上がる直球を武器にして3奪三振の好投。開幕カード2戦目のロッテ戦(3月27日、ペイペイドーム)先発へ向け順調な仕上がりを示した。

 高橋礼はあえて下から浮き上がる直球を決め球に選んだ。3番手でマウンドに上がった0―1の7回、先頭の中川圭に二塁打を浴びた。2死までこぎ着けたが、紅林に四球を許して2死一、二塁。ここで昨季までソフトバンクの育成選手だった田城を直球で一ゴロに抑えピンチを脱した。

 「速い直球を求めて投げました。海野がうまいこと直球を生かしてくれる配球だったので投げやすかった。先頭に二塁打を打たれてよくある失点パターンだったが、踏ん張れたことが良かった」。同じ7回には無死二塁から頓宮を131キロ直球で空振り三振に料理した。最速は132キロだったが、独特の軌道を描く直球には数字に表れない威力がある。

 「牧田カーブ」を封印し、自分の投球の原点に戻った。1月の自主トレで楽天・牧田、西武・与座と「サブマリン合宿」を実施。先発復帰を見据え、緩急を生かすために90キロ台のカーブの習得を目指した。キャンプで約1500球を投げ込むも19日の紅白戦では2回3安打2失点。フォームと直球の異変に気づいた。

 「真っすぐに良くない影響を及ぼしている可能性がある。カーブを投げるとリリースポイントがホームから遠くなり、テークバックが大きくなる。すると直球に力が伝わらなくって」

 球質が落ちていることを実感し、新人王に輝いた19年の映像を見直した。テークバックをコンパクトにし、直球は本来の伸びを取り戻した。2年ぶりの先発復帰を期待している工藤監督は「微調整は本人の中にはあると思うが、ある程度、順調にきている」と3回無失点の投球を安心した表情で振り返った。

 「バッターが驚く真っすぐを投げられように、体の切れを出してフォームを見直していきたい。腕を振って強い直球を投げられることが自分の長所」と高橋礼。威力がよみがえった直球と変化球を組み合わせ、最高の状態をつくり上げる最終準備に入っていく。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース