広島・羽月 開幕グイッ!2安打&チーム唯一の得点「チャンス限られている。1打席1打席を大事に」

[ 2021年2月28日 05:30 ]

練習試合   広島1ー5巨人 ※特別ルール ( 2021年2月27日    沖縄セルラー )

<練習試合 巨・広>   7回 2死一、二塁 右前適時打を放つ羽月(投手・畠)      (撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 途中出場した高卒3年目の広島・羽月が3打数2安打で初の開幕1軍を猛アピール。「チャンスは限られている。1打席1打席を大事に行こうと思った」と表情を引き締めた。

 4回の守備から出場すると0―3の5回1死二塁、左腕・横川から左前打を放ち、好機を拡大。7回2死一、二塁では右前打でこの日、チーム唯一の得点を叩き出し、佐々岡監督からも「粘って、粘って塁に出ようという気持ちが出ている」と評価された。

 1メートル67と小柄ながら、走攻守3拍子の総合力が持ち味。1軍初出場を果たした昨年は17試合に出場し、定着への土台を作った。「開幕1軍はずっと目標にしてきた」。今春の対外試合6試合全てに出場し、17打数5安打。最初の目標に向け、安打を積み重ねる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース