梶谷 巨人移籍後初タイムリー「感覚自体は悪くはない」も「完全にはまっているという感じはない」

[ 2021年2月28日 05:30 ]

練習試合   巨人5―1広島 ( 2021年2月27日    沖縄セルラー )

<巨・広>4回、適時二塁打を放つ梶谷(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 DeNAからFAで巨人に加入した梶谷が、移籍後初タイムリーを放った。「1番・DH」で先発出場。4回2死一、三塁から、広島・矢崎の初球を捉え右前に運んだ。

 「感覚自体は悪くはない。変だなと思うことはそんなにないけど、完全にはまっているという感じはない」。新リードオフマン候補は初回にも中前打しており、2試合連続マルチ安打。28日は古巣・DeNA(那覇)と初対戦だが「チームがどうこうというのは本当にない。シーズンに入ったときにつながるような打席にしたい」と開幕に向けて、打撃精度を求めていく。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース