DeNAドラ1入江 開幕ローテ呼ぶ3回零封 三浦監督も称賛「近づいた」

[ 2021年2月28日 05:30 ]

練習試合   DeNA3―3日本ハム ( 2021年2月27日    名護 )

<日・D>3回無失点と好投のDeNA先発・入江(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト1位・入江(明大)が、開幕ローテーション入りへ大きく前進した。日本ハムとの練習試合に先発し3回を1安打無失点。「今日は直球も低めに集まった。変化球も(狙った)ゾーンに行ってよかった」と胸を張った。

 初回2死一塁から昨年のパ・リーグ打点王の中田を、この日最速タイの149キロの直球で詰まらせて遊ゴロ。2回は先頭打者の大田、続く渡辺から2者連続見逃し三振を奪った。ツーシーム、スライダーなどの変化球も低めに集め、打者10人で39球にまとめた。

 実戦初先発だった20日のロッテとの練習試合は2回3失点。「力みすぎた」という最速153キロ右腕は、25日のブルペン投球後、この日バッテリーを組んだ同学年の山本から「当たって砕けろじゃないけど攻めていかないと」と励まされた。女房役の助言で「今日は力が抜けていた」と好投につなげた。

 4番手以降を争う開幕ローテーション。三浦監督も「今日はいい投球だった。もちろん近づいた」と称えた。(大木 穂高)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース