日本ハム・輝星「ストライクが取れる変化球必要」キャンプ“ラス投”4回無失点満足せず

[ 2021年2月28日 05:30 ]

練習試合   日本ハム3ー3DeNA ( 2021年2月27日    名護 )

<日・D>6回から登板、4回無失点と好投した日本ハムの吉田(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムの吉田が、DeNA戦の6回から登板。キャンプ最後の実戦登板を4回2安打無失点で締めたが「内容は納得していない。点は取られなかったが、自分らしさを出しながら抑えないといけない」と反省した。

 「キャンプの疲れもあるが真っすぐがよくない」と先頭打者の田中俊に左越え二塁打を許したが、昨季のセ・リーグ首位打者・佐野から138キロ直球で見逃し三振を奪うなど、徐々に調子を上げた。9回は直球だけで3者凡退に抑えた。

 新球のナックルカーブを投げる機会はなかったが「ストライクの取れる変化球は必要。練習してうまくなったら投げたい」と意欲的。3年目右腕は開幕ローテーション入りへさらなる進化を誓った。(君島 圭介)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース