ヤクルト・村上 マー君撃ちでタイトル獲り意識「3つのうち、どれか一つでも獲りにいく」

[ 2021年2月28日 05:30 ]

練習試合   ヤクルト1-5楽天 ( 2021年2月27日    浦添 )

<ヤ・楽>初回1死一、二塁、田中将から先制適時打を放つ村上(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 球界最高峰の右腕との初対決。ヤクルト・村上は、武者震いした。楽天との練習試合に4番・三塁で出場。田中将との人生初対戦。21歳の主砲はファーストスイングで、右前にはじき返した。

 「凄くワクワクしました。凄く迫力があって近く見えました」

 初回1死一、二塁。3―1から真ん中低め148キロ直球を捉えた。一、二塁間を抜ける適時打。「バッティングカウントだったので真っすぐ狙いで思い切っていきました。ちょっと力んでしまった」。直後に二盗にも成功するなど、物おじしないのも村上の強さだ。

 田中将が楽天を日本一に導いた13年は中学2年。日本一の瞬間はテレビで見た。画面の向こうだった右腕との対戦。「プロ野球、メジャーの最前列で活躍された方。凄くいい刺激になりましたし、もっともっと高みを目指したいと思いました」と一流を肌で感じ、新たな思いが浮かんだ。

 「今までは開幕前に意識したことはなかったですが、今年はタイトル3つのうち、どれか一つでも獲りにいく強い気持ちを持ってシーズンに挑みたい」

 昨年の打撃3部門は打率がリーグ5位の・307、28本塁打と86打点はともに2位。田中将との対決をきっかけに、勝負心に火がともった。(青森 正宣)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース