ロッテ “ポスト沢村”小野が160キロ計測!?

[ 2021年2月28日 14:24 ]

ロッテ・小野郁
Photo By スポニチ

 ロッテ・小野郁投手が4番手として6回のマウンドに登板し、無死二、三塁で迎えた7番・山野辺の2ボール2ストライクからの6球目に160キロを計測した。

 ポスト沢村と期待される中継ぎ右腕は、この外角に決まった直球で、山野辺を見逃し三振に斬ると、後続も抑えて、この回無失点でしのいだ。この日の小野は、この球以外では155キロが最速だった。

 なお、春野の球場スピードガンでは、前日も西武・浜屋が160キロを計測している。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース