DeNA・三嶋 今季初実戦で「力んだ」1回1失点

[ 2021年2月28日 05:30 ]

練習試合   DeNA3―3日本ハム ( 2021年2月27日    名護 )

<日・D>8回、4番手で登板する三嶋(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 昨年7月末から山崎に代わり守護神を務めるDeNAの三嶋が今季実戦初登板。3―2の8回に登板して1安打1失点に「力んだ」と振り返った。

 1死から松本剛に死球。けん制悪送球も絡み、浅間に適時打を許した。最速148キロでカーブ、スライダーなど変化球も投じたが「いい球と悪い球の違いがはっきりしていた」と反省した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース